JR貨物/トラックドライバー用アプリを導入

2019年08月09日 

JR貨物は8月8日、貨物駅構内でのトラック荷役作業の円滑化、安全性の向上、トラックドライバーの作業利便性向上を図るため、トラックドライバー向けアプリを導入すると発表した。

アプリには、「貨物列車の位置・遅延情報」「コンテナの位置情報(地図情報)」「駅からのお知らせ情報」「コンテナ持出・持込時の荷役時間の予約機能」を搭載する予定。

<トラック用アプリの実現予定機能>

トラックドライバー用アプリ

2020年度下期から順次、数駅での試験運用開始を予定しており、当初は「コンテナ持出・持込時間の予約」「列車遅延情報」「コンテナ位置情報」「駅情報の提供」の機能を先行配信し、その後、機能改修を行いながら2021年度の本稼働を目指して段階的に機能を拡充していく。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集