セイノーHD/4~6月の売上高は1.8%増、営業利益は8.4%減

2019年08月09日 

セイノーHDが8月9日に発表した2020年3月期第1四半期決算によると、売上高1534億3900万円(前年同期比1.8%増)、営業利益70億9000万円(8.4%減)、経常利益77億200万円(9.4%減)、親会社に帰属する当期利益45億5800万円(23.5%減)となった。

輸送事業の売上高は1148億2600万円(1.4%増)、営業利益は54億2500万円(10.5%減)となった。

輸送事業の中核会社にあたる西濃運輸では、成田国際空港近くに成田支店を新規に開設し、輸送ネットワークの強化や業務効率の向上を図っている。

また、引き続き適正運賃・諸料金・燃料サーチャージ収受等の交渉を継続するとともに、都市間輸送において路線便の定時出発を目的としたダイヤグラム化による顧客への時間価値の提供や、顧客の要望に適した運び方の提案をすることで、新規荷主の獲得・継続をはじめとする取扱貨物の確保にも注力してきた。

その他、長距離路線便の一部を鉄道やフェリーによる輸送に切り替えるモーダルシフトの拡大に取り組むなど、労働力不足の中、運び方改革を推進することで収益の改善や環境負荷軽減にもつなげてきた。

さらに、労働人口減少下における人材採用、定着のため、福利厚生の充実を図るとともに、働き方改革による労働時間の短縮や業務負担の軽減を行ってきた。

通期は、売上高6300億円(1.9%増)、営業利益326億円(4.5%増)、経常利益346億円(2.9%増)、親会社に帰属する当期利益310億円(46.1%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集