名港海運/4~6月の売上高1.7%増、営業利益2.8%減

2019年08月09日 

名港海運が8月9日に発表した2020年3月期第1四半期決算によると、売上高181億9700万円(前年同期比1.7%増)、営業利益13億7300万円(2.8%減)、経常利益17億4700万円(2.3%減)、親会社株主に帰属する四半期利益10億3300万円(17.2%減)となった。

グループが営業の基盤を置く名古屋港の港湾貨物は、輸出は工作機械、自動車部品等が減少し、輸入はアルミニウム等が減少したことにより、前年実績を下回った。

グループとしては、輸出貨物は、自動車部品等の取扱いが増加した。輸入貨物は、油脂原料、とうもろこし等の取扱いが増加した。

通期は、売上高732億円(1.0%増)、営業利益49億円(8.4%減)、経常利益58億円(8.0%減)、親会社株主に帰属する当期利益40億5000万円(7.4%減)を見込んでいる。

最新ニュース