佐川急便/物流系ITベンチャーのCBcloudと資本・業務提携

2019年08月08日 

佐川急便と物流系ITベンチャーのCBcloudは8月8日、資本・業務提携契約を締結したと発表した。

佐川急便は、ソフトバンク、日本郵政キャピタル、シーアールイーとともに、総額12億3900万円をCBcloudへ出資。

CBcloudが「PickGo」として展開しているドライバーマッチングプラットフォームシステムを、佐川急便の法人顧客向けカスタマイズ物流サービス「TMS(Transportation Management System)」に連携・バージョンアップすることで、TMSのうち軽貨物チャーター専用の配車システム「軽貨物チャーターマッチングサービス(軽マッチング)」として運用する。

9月初旬から東京・大阪・名古屋・福岡などの大都市圏で順次運用を開始し、2020年度中の全国展開を目指す。

<軽貨物チャーターマッチングサービス(軽マッチング)>

軽貨物チャーターマッチングサービス

PickGoは荷主とドライバーを直接つなげるマッチングサービスで、荷主がつけた評価をもとにドライバーを全国1万2000人の登録者から選ぶことができることに加え、1人のドライバーを見つけるための所要時間が約1分と速いことが強み。

佐川急便はこのシステムとの連携によって、TMSの顧客に24時間365日即時軽貨物の運送網を提供することで、事業の新たな柱として注力しているTMSの拡販を図る。

CBcloudとは2018年から共同で、軽貨物チャーターの受発注と配車業務の効率化を目指した実証実験を関東・関西圏で実施。受注~配車完了までのレスポンスの速さや、高い配送品質などが顧客から高い評価を得たことから、今回の業務提携を決めた。

<佐川急便 経営企画部の藤野部長>

佐川急便 経営企画部の藤野部長

佐川急便 経営企画部の藤野博部長は、「軽マッチングがTMSの成長エンジンになることを期待している。佐川急便としてベンチャー企業と提携するのは今回が初の試み。今後もオープンイノベーションを通じて外部のノウハウを取り入れ、革新的なビジネスモデルを構築することで、利便性の高いサービスの開発やシステム開発をスピーディーに進めていきたい」と、提携の理由を語った。

<CBcloudの松本CEO>

CBcloudの松本CEO

一方、佐川急便など4社から出資を受けたCBcloudは、総額12億3900万円の調達資金をエンジニアを中心とした人員増強や、既存サービスのマーケティング、新サービス開発など、長期的な成長に向けた基盤構築に振り分ける。

CBcloudの松本隆一CEOは、「今回の出資者のうち、株主のシーアールイーを除く3社からは新規に出資を受けることになる。これは、事業面での連携を見据えたもので、ソフトバンクとは6月からネットスーパーの宅配事業で連携を開始しており、日本郵政グループとは次世代宅配システムの共創に向けた協議を進めていく予定だ」とコメントした。

最新ニュース