ゼロ/6月期、売上高は10.9%増、営業利益は19.7%減

2019年08月08日 

ゼロが8月8日に発表した2019年6月期決算によると、売上高902億2800万円(前年同期比10.9%増)、営業利益33億500万円(19.7%減)、税引前利益32億9400万円(19.5%減)、親会社に帰属する当期利益16億5800万円(22.1%減)となった。

一般貨物事業全体の売上高は59億3500万円(10.5%増)、営業利益は1億5000万円(82.9%減)となった。

運輸・倉庫事業は、既存顧客の取引拡大と3PLにおける新規顧客の獲得に加えて、西日本地区の災害に伴い陸上輸送へシフトされた貨物を取り込んだことにより増収となった。

港湾荷役事業は、自動車荷役と石炭荷役の減少によって減収となったものの、CKD事業が立ち上がり、売上増加に寄与したことから、一般貨物事業全体では増収となった。

港湾荷役事業が減収になったことに加えて、新規参入したCKD事業における初期費用と事業立ち上げに関わる費用が発生した結果、一般貨物事業全体では大幅に減益となった。

次期は、売上高950億円(5.3%増)、営業利益40億円(21.0%増)、税引前利益39億8000万円(20.8%増)、親会社に帰属する当期利益23億円(38.7%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集