郵船ロジ/ミャンマーのイエジン農業大学でSCMの講義を実施

2019年08月08日 

郵船ロジスティクスは8月8日、日・ASEAN 食産業人材育成官民共同プロジェクトの一環として、ミャンマーのイエジン農業大学で開催された、寄付講座(フードバリューチェーンセミナー)の中で、「食品・農産物のサプライチェーン」に関する講義を行って感じたと発表した。

<Business Development Group 2, Food Teamの鶴巻氏の講演>

Business Development Group 2, Food Teamの鶴巻氏の講演

<講義の様子>

講義の様子

郵船ロジは昨年6月に王立カンボジア農業大学、8月にベトナム国立農業大学において同プロジェクトへ参加し、そこでの講義が農林水産省から評価され、ASEAN事務局のサポートの下、7月31日にミャンマーのイエジン農業大学で講義を行ったもの。

郵船ロジのBusiness Development Group 2, Food Teamの鶴巻と食品アドバイザーの魚住が講師となり、ミャンマー唯一の農学単科大学であるイエジン農業大学の学生をはじめ、農業畜産灌漑省の管理下にある獣医科学大学、タンリン共同組合大学など、約60名の学生を対象にミャンマーを取り巻く食品・農水産物のサプライチェーンについて講義を行った。

なお、郵船ロジは2017年にミャンマー・ティラワ経済特別区(SEZ)内に冷凍・冷蔵・定温スペースを有する「ティラワ・ロジスティクスセンター」を開設し、コールドチェーンサービスを展開している。今後も、顧客のニーズに応えるサプライチェーン・ロジスティクスを提供するとともに、官民共同プロジェクトへの参加を通してASEANの日本の食文化・食産業のグローバル展開に貢献していくとしている。

最新ニュース