レンゴー/兵庫県尼崎市の樽谷包装産業を子会社化、重包装事業拡充

2019年08月07日 

レンゴーは8月7日、樽谷包装産業の発行済株式の50.0%を取得し、子会社としたと発表した。

また、レンゴーの100%子会社である日本マタイも樽谷包装産業の株式の20.0%を取得し、両社を合わせた出資比率は、合計で70.0%となる。

樽谷包装産業は、クラフト紙袋、木製パレットの製造・販売、ならびにフレキシブルコンテナ、プラスチックパレット等包装資材の仕入・販売を行っている。また、同社の子会社であるタルタニパックは兵庫県加古川市に生産拠点を有し、段ボール事業を行っている。

レンゴーは今後、樽谷包装産業とグループ重包装事業の中心会社である日本マタイとの連携を強化し、重包装事業のさらなる拡充を図っていくとしている。

■概要
名称:樽谷包装産業
本社所在地:兵庫県尼崎市道意町7-1-3 エーリックビル4F
工場所在地:クラフト紙袋工場
パレット工場:滋賀県米原市春照1881
       兵庫県神戸市東灘区魚崎浜町27-2
資本金:1億円
株主:レンゴー50.0%
   日本マタイ20.0%
   樽谷 清孝15.0%
   樽谷 隆弘15.0%
事業内容:クラフト紙袋、木製パレットの製造・販売、包装資材の仕入・販売
売上高:41億4000万円(2018年9月期)
従業員数:134名

最新ニュース

物流用語集