スズケン/医薬品トレーサビリティシステム、自動認識システム大賞優秀賞

2019年08月05日 

スズケンは8月5日、日本自動認識システム協会が選定する「第21回自動認識システム大賞」において、スペシャリティ医薬品のトレーサビリティシステムである「キュービックスシステムが優秀賞を受賞したと発表した。

<キュービックス>

キュービックスは、RFIDとIoT技術を搭載した専用保管庫により、高額な温度管理医薬品を中心とした医薬品個々の在庫管理や品質管理、入出庫管理、セキュリティ監視のリアルタイム化、自動化を実現するトレーサビリティシステム。

2017年度から導入を開始し、現在では地域の中核病院や専門病院などを中心に100 施設を超える医療機関で採用されている。

「キュービックス」による提供サービスには、「遠隔在庫・品質監視サービス」「在庫自動発注サービス」「セキュリティ・トレーサビリティ管理サービス」「在庫リフレッシュサービス」「24時間365日監視サービス」がある。

なお、この賞は同協会が1999年から毎年実施しているもので、自動認識技術やシステムの発展と普及・啓発を目的として、先進的かつその効果が極めて顕著な自動認識関連の技術やシステムを表彰するもの。今回の受賞でキュービックスは経済性、技術的工夫および利便性が評価された。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集