CRE/埼玉県入間郡三芳町に1.8万m2の物流施設着工

2019年08月05日 

CREは8月5日、埼玉県入間郡三芳町において複数の地権者より開発用地を取得し、開発物件として20棟目となる物流施設「ロジスクエア三芳Ⅱ」の開発に着手したと発表した。

<ロジスクエア三芳Ⅱ 完成イメージ>

ロジスクエア三芳Ⅱ 完成イメージ

「ロジスクエア三芳Ⅱ」の開発予定地は、関越自動車道「所沢」ICより約4.3kmに位置し、国道254号線(川越街道)、国道463号線(浦和所沢バイパス)へのアクセスも容易。

埼玉県南部、特にこの開発予定地である所沢・三芳エリアは、都心部へのアクセスにも優れ、物流拠点立地として県内でも有数のニーズの高いエリア。周辺は倉庫・工場が多く、24時間稼働が可能な立地条件を備えており、物流施設としてのロケーションは極めて良好。

なお、この開発予定地から800mに位置する「三芳」スマートICは、フルインターチェンジ及び車種拡大への新規事業化が決定されており、2021年度以降の供用開始に向け、連結する周辺道路を含めた整備事業が推進されている。このフルインターチェンジ化により、開発予定地の交通利便性はさらに向上する。

「ロジスクエア三芳Ⅱ」は地上4階建て(倉庫部分3層)、計画延べ面積1万8096m2の物流施設として開発する予定で、8月半ばより開発許可に基づく開発工事に着手し、本体工事は11月に着工、2021年1月の竣工を予定している。

施設のマスタープランとして、ワンフロアが約1856坪の3階建てで、1階北側に計19 台分のトラック接車バースを設け、複数テナントによる分割使用にも対応が可能となっている。

倉庫部分の基本スペックとして、床荷重は 1.5t/㎡(2.0t フォークリフト対応可)、有効高さは各階5.5m以上、平均照度は300ルクスを予定し、昇降設備については、荷物用エレベーター(積載荷重 4.1t、45m/min)を2基実装し(将来対応:垂直搬送機 2基)、効率的な入出荷オペレーションを実現させる計画となっている。

ロジスクエア三芳Ⅱは様々な物流ニーズに対応し得る機能性・汎用性を兼ね備え、CREの基本スペックを満足しうる施設として開発すべく、計画を進めているとしている。

■開発プロジェクト概要
施設名称:ロジスクエア三芳Ⅱ
所 在 地:埼玉県入間郡三芳町
土地面積:1万2093m2
主要用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫)
構造規模:柱:鉄筋コンクリート造+梁:鉄骨造 地上4階建て(倉庫部分3層)
延ベ面積:1万8096m2(予定)
着工:2019年11月(予定)
竣工:2021年1月(予定)

最新ニュース