阪急阪神HD/国際輸送分野は減収減益

2019年08月05日 

阪急阪神ホールディングスが8月2日に発表した2020年3月期第1四半期決算によると、国際輸送セグメントの売上高は191億3500万円(前年同期比12.6%減)、営業損失2億1600万円(前期は2億9100万円の営業利益)だった。

米中貿易摩擦の影響等を受け、東アジアをはじめ航空輸送の取扱が低調に推移したこと等により、減収・減益となった。

関連キーワード:

最新ニュース