ヤマト運輸/プログラミングコンテストで業務効率化策を募集

2019年08月02日 

ヤマト運輸は8月2日、AtCoder社が運営するオンラインプログラミングコンテストサイト「AtCoder」で、マラソン型プログラミングコンテスト「ヤマト運輸 プログラミングコンテスト2019」を8月3日~18日にかけて開催すると発表した。

コンテストでは、実際の輸配送オペレーションに基づいたモデルを問題として出題。ヤマト運輸が取り組む課題を専門的な知識・技能を持つより多くの人々に周知してもらい、将来的にはヤマト運輸との協力や連携、ナレッジの共有へと発展することを目指す。

応募作品は、AtCoder社のジャッジシステムによる採点結果を踏まえ、コンテスト事務局で厳正に審査して入賞者を決定する。また、入賞者の中から特に目を引くアイデアや注目すべき成績を残した参加者には「特別賞」を授賞する。

表彰式は8月30日に実施予定で、入賞者には総額100万円の賞金が授与される。

ヤマト運輸は、従来にない新たな物流システムを構築し、業務の効率化を図ることで、社会的課題に直面している宅配業界において高品質な宅急便サービスを提供していくことを目指しており、実現に向けた取り組みの一環としてコンテストの開催を決めた。

最新ニュース