三菱造船/阪九フェリー向けカーフェリー「せっつ」と命名

2019年08月02日 

三菱造船は8月2日、阪九フェリー向けに2隻を受注したカーフェリー シリーズのうち、1番船を「せっつ」と命名した。

<「せっつ」の命名・進水式>

せっつ
せっつ
せっつ

新造船は、阪九フェリーが運航するカーフェリー4隻のうち「やまと」の代替となるもので、今後は艤装工事を経て2020年2月に予定する引渡しの後、新門司~神戸航路に就航する。

旅客定員663人で、8.5mトラック277台と乗用車188台の積載能力があり、荷役設備として舷側ランプ扉2基、船尾中央ランプ扉1基を搭載。

環境面への配慮では、新型最適船型の採用などにより在来船比で6%の省エネルギーを実現。また、2020年から全海域が対象となるSOx(硫黄酸化物)排出規制への対応として、排ガス処理装置(スクラバー)を搭載する。

■「せっつ」主要目
全長:195m
幅:29.6m
深さ:20.6m
喫水:6.7m
総トン数:1万6300トン
旅客定員:663人
積載能力:8.5mトラック277台、乗用車188台

最新ニュース

物流用語集