野村不動産/千葉・埼玉で2棟合計9.5万m2の物流施設を満床竣工

2019年08月01日 

野村不動産は8月1日、物流施設ブランド「Landport(ランドポート)」シリーズについて、千葉県習志野市の「Landport東習志野」と埼玉県川口市の「Landport川口」が竣工したと発表した。

<Landport東習志野(北東側)>

Landport東習志野

<Landport東習志野(南西側)>

Landport東習志野

<周辺図>

Landport東習志野

Landport東習志野は地上5階て延床面積7万5000m2で、7月に竣工。楽天が全棟を利用し、2020年中頃から本格稼働を開始する。

東関東自動車道「千葉北IC」から7.2km、京葉道路「花輪IC」から8.3kmに位置し、首都圏中心部や千葉方面、常磐・東北・関越道方面へアクセス可能。京成本線「八千代台駅」から徒歩圏で、同駅やJR中央・総武線「津田沼駅」からのバス通勤も可能になっている。

半径2km圏内の生産労働人口は6万3000人超と、千葉県下の物流施設集積エリアと比較しても高い水準にある。

施設はシングルランプを採用し、1~3階は平面利用フロア、4~5階は2層使いとし、オペレーション効率を高めた。敷地は2面角地の形状を生かし、トラックの入口を2か所設置したほか、自転車・歩行者の動線を分離することで安全性に配慮している。

<Landport川口>

Landport川口

<周辺図>

Landport川口

Landport川口は地上4階建て延床面積2万m2で、6月に竣工した。ライフサポート・エガワが全棟利用し、一部温度管理を含むコンビニなどへの食品配送センターとして8月から本格稼働する。

首都高速川口線「足立入谷IC」から1km、国道122号線から2.2km、東京中心部(東京駅)から15km圏内という立地で、半径2km圏内の生産労働人口は7万4000人超。

日暮里・舎人ライナー「舎人駅」から2kmに位置し、周辺には複数のバス路線が運航している環境で、「舎人駅」以外に京浜東北線「川口駅」からのバスアクセスも可能となっている。

<内観>

<大型シーリングファン>

大型シーリングファン

<カフェテリア>

カフェテリア

施設面では、多頻度配送対応として大型車20台分の両面バースを採用したほか、2・3階では梁下有効高6.5mを確保し、トラックの効率的運用と高い保管効率を実現。また、車番認証システムに基づく車両の入退場管理やトラックバース管理、大型シーリングファン(計8基)をLandportシリーズとして初めて採用した。

そのほか、両施設ではLandportシリーズの共通仕様として、全館でのLED照明採用や、施設の屋根を活用した太陽光発電システムの導入、カフェテリアの設置、Indeedと連携したLandport公式求人採用サイトへの掲載などの「人材募集支援サービス」提供などの取り組みを実施している。

今回、2物件の竣工でLandportシリーズは計16棟となった。

<広域図>

■物件概要
「Landport東習志野」
所在地:千葉県習志野市東習志野7-3-1(住居表示)
敷地面積:3万563.32m2
延床面積:7万4724.58m2
構造・規模:S造・地上5階
トラックバース:112台
乗用車駐車場:138台(トラック待機場含む)
竣工:7月

「Landport川口」
所在地:埼玉県川口市弥平3-13-25(住居表示)
敷地面積:9591.50m2
延床面積:1万9769.72m2
構造・規模:RCS+S造・地上4階
トラックバース:20台
乗用車駐車場:69台(トラック待機場含む)
竣工:6月

最新ニュース

物流用語集