NTTロジスコ/新開トランスポートシステムズと業務提携

2019年08月01日 

NTTロジスコは8月1日、新開トランスポートシステムズと業務提携契約を締結したと発表した。

<新開トランスポートシステムズの佐藤勝社長(左)と古賀あや会長(中央)、NTTロジスコの東明彦社長(右)>

両社は業務提携によってNTTグループの物流改善に取り組むとともに、相互のノウハウを生かした新たな価値・サービス提供の拡大を目指す。

具体的には、NTTグループ物流のデジタルトランスフォーメーションの推進、荷主のデジタルトランスフォーメーションをサポートするロジスティクスサービスの企画・開発・運営、医療機器・IT機器等精密機器物流分野での新サービスの企画・開発・運営に共同で取り組む。

業務提携の範囲は、今後の検討の進展によって変更する可能性がある。

両社は、具体的な協業について検討・検証した結果、お互いの機能やネットワークを補完し有機的に結び付けることで新たな物流サービスの提供が可能になると判断し、業務提携に合意した。

■業務提携契約締結会社の概要
「NTTロジスコ」
本社:東京都大田区平和島1-1-2
設立:1991年11月
事業概要:3PL、貨物利用運送、物流システムの開発・運用・保守、物流に関する調査・研究およびコンサルティング業務、電気通信および電気通信工など

「新開トランスポートシステムズ」
本社:東京都江東区東陽3-7-13
創業:1909年4月
事業概要:貨物自動車運送業、倉庫業、不動産の賃貸業、貨物運送取扱業、建設業電子機材・機器の製造業務全般に関する業務委託、製造請負事業など

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集