フェデックス/ヘルスケア産業向け温度管理輸送サービスの品質向上

2019年08月01日 

フェデックス エクスプレスは8月1日、ヘルスケア産業向け温度管理輸送サービスの品質を向上させたと発表した。

従来の荷主が出荷品をフェデックスへ温度管理輸送で発送した後、フェデックスが国際輸送のための再梱包を行っていた輸送オペレーションについて、定温輸送ボックスを荷主へ配送し、出荷品が入れられたボックスをフェデックスが集荷し輸送する形式に刷新する。

これにより、再梱包による輸送の継ぎ目を無くすことができ、荷主は国内輸送で出荷品をフェデックスに発送する費用と時間の削減を見込むことができる。

定温輸送ボックスは真空断熱材を使用したもので、蓄熱材によって医薬品輸送でニーズが高い-25℃~-15℃、+2℃~+8℃、+15℃~+25℃の温度帯を維持できる製品と、ドライアイスで-79℃を保つ製品の2種類。ともに従来のボックスよりも軽量化されており、輸送費用面で優位性がある。

フェデックスの氏家正道 北太平洋地区担当副社長は、「ヘルスケア産業では出荷品によって保たなければならない温度帯が異なるため、温度管理輸送のニーズが多様化している。今回のオペレーション刷新により、検体や治験薬、医薬品有効成分(API)などが、定温輸送ボックスを使用した温度管理輸送サービスの対象に加わる。また、荷主には従来からある輸送中の貨物状態を確認できる温度ロガーの使用や、専門の担当者によるモニタリングサービスも合わせて提供し、高品質の輸送を体験してもらえるようにする」とコメントした。

最新ニュース