ヤマトHD/4~6月の売上高0.3%増、営業損失61億円

2019年07月31日 

ヤマトホールディングスが7月31日に発表した2020年3月期第1四半期決算によると、売上高3817億2600万円(前年同期比0.3%増)、営業損失61億円(前期は95億7800万円の利益)、経常損失93億2300万円(前期は94億2900万円の利益)、親会社に帰属する四半期純損失97億4700万円(前期は26億3800万円の利益)となった。

デリバリー事業の構造改革推進に伴う宅急便単価の上昇で増収となったが、集配体制の構築に向けた増員によって人件費が増加し、営業費用が前年同期比167億1500万円増の3878億2700万円と増加したことが利益を押し下げた。

デリバリー事業では、収益力の回復と集配キャパシティの拡大を両立するため、プライシングの適正化や集配体制の強化など、ラストワンマイルネットワークの再構築を推進。

その結果、売上高は3039億4600万円(1.6%増)、営業損失は98億1700万円(前年同期比160億400万円の減収)となった。

宅急便の取扱個数は4億1900万個(0.3%増)、クロネコDM便は2億7300万冊(19.5%減)だった。

通期は、営業収益1兆6950億円(4.3%増)、営業利益720億円(23.4%増)、経常利益690億円(27.2%増)、親会社に帰属する当期純利益380億円(48.0%増)を見込んでいる。

最新ニュース