川崎汽船/4~6月の売上高13.6%減、営業黒字化

2019年07月31日 

川崎汽船が7月31日に発表した2020年3月期第1四半期決算によると、売上高1833億1200万円(前年同期比13.6%減)、営業利益40億5200万円(前期は133億7000万円の損失)、経常利益27億1300万円(前期は170億9500万円の損失)、親会社に帰属する四半期純利益77億7900万円(前期は192億7200万円の損失)となった。

セグメントごとの業績は、ドライバルクが売上高555億円(前年同期比14.2%減)、営業損失4億円(前年同期は4億円の利益)。製品物流が売上高987億円(17.1%減)、営業利益18億円(前年同期は168億円の損失)。エネルギー資源が売上高205億円(1.7%増)、営業利益18億円(525.8%増)となった。

ドライバルクでは、運航コストの削減や配船の効率化に取り組んだものの、期首の市況低迷の影響により、セグメント全体で減収となった。

製品物流では、自動車船事業やコンテナ船事業、近海・内航事業の営業利益が前年同期を上回ったことで、セグメント全体で黒字に転換した。

通期は、売上高7500億円(10.4%減)、営業利益60億円、経常利益50億円、親会社に帰属する当期純利益110億円を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集