ecoプロパティーズ/三重県桑名市の物流施設で見学会、8月29日開催

2019年07月31日 

ecoプロパティーズは8月29日、三重県桑名市の物流施設「桑名ロジスティクスセンター」で見学会を開催する。

<桑名ロジスティクスセンター>

桑名ロジスティクスセンター

桑名ロジスティクスセンターはecoプロパティーズがアセットマネジメント業務を受託し、大和ハウス工業と東急不動産、日立キャピタルが主に出資をしている桑名開発特定目的会社が5月に竣工した中京圏最大規模の物流施設。

ダブルランプウェイ方式を採用した地上6階建(倉庫部分5階建)延床面積15万8000m2の施設で、ワンフロア賃貸面積2万6800m2、最小5000m2から入居できる。

<広域地図>

<狭域地図>

東名阪自動車道「桑名IC」から6km、「桑名東IC」から7.9kmの立地で、3月に新名神高速道路「新四日市JCT~亀山西JCT」間が開通したことにより、東名阪自動車道の渋滞緩和効果が現れてきているエリア。

また、海抜70m以上に位置するため、水害などの危険性も少なく、BCPの観点からも安全性の高い施設となっている。

■募集概要
日時:8月29日(木)(1)10:30~ (2)14:00~
所在地:三重県桑名市多度町力尾字沢地4076
高速道路:東名阪自動車道「桑名IC」6km(車で10分)
「桑名東IC」7.9km(車で11分)
参加対象:物流企業、荷主企業
参加費:無料

■詳細・申込
http://www.ecoprop.co.jp/pdf/kuwana20190801.pdf

■桑名ロジスティクスセンター概要
所在地:三重県桑名市多度町力尾字沢地4076
敷地面積:7万253.35m2
用途地域:工業専用地域
構造:地上6階建(倉庫部分5階建)/SRC+S造
延床面積:15万8033.52m2
所有者:桑名開発特定目的会社
(大和ハウス工業、東急不動産、日立キャピタル、ecoプロパティーズ出資のSPC)
施工者:大和ハウス工業
竣工日:5月31日
アクセス:東名阪自動車道「桑名IC」6km、「桑名東IC」7.9km

■問合せ
ecoプロパティーズ
担当:河合 
mail:kawai@ecoprop.co.jp
電話:03-3519-5940

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集