山九/福島県双葉町の中間貯蔵施設での廃棄物処理に協力

2019年07月31日 

山九は7月31日、福島県双葉町の中間貯蔵施設での廃棄物処理で、日鉄エンジニアリング及びクボタ環境サービスより、作業依頼を受けこの業務に協力することになったと発表した。

山九の作業範囲は、仮設焼却施設のプラント工事に係る設計と機械工事、配管工事、電気工事、そして仮設灰処理施設における機械工事と電気工事。工期は2019年3月から2020年2月までの約1年間。

この事業は福島県双葉町において発生し、又は中間貯蔵施設に搬入された放射能物質に汚染された廃棄物の処理を行うため、仮設処理施設 (仮設焼却施設、仮設灰処理施設を整備し廃棄物処理を行うという事業で、復興事業としては大規模のものとなる。

山九グループが培った技術・技能・動員力、そしてこれまでの実績が評価され今回のプラント工事業務の受注に繋がった。

■概要
工事概要:仮設焼却施設 プラント 工事に係る 設計、機械工事、配管工事、電気工事 仮設灰処理施設 -機械工事、電気工事
工期:2019年3月~ 2020年2月

最新ニュース