TOYO TIRE/488億円を投じ、セルビアにタイヤ工場建設

2019年07月30日 

TOYO TIREは7月30日、セルビアにタイヤ生産子会社を設立し、同国インジア市内に生産工場を建設すると発表した。

新工場はグループ8拠点目のタイヤ工場で、488億円を投じて建設する。IoTを導入したスマート工場とする計画で、2020年5月に着工し、2022年1月から稼働を開始。2023年夏には年産500万本(乗用車用タイヤ換算)の生産体制を確立する。

新工場では、ロシアを含む欧州市場に製品を供給。従来、同市場には日本国内の工場や、マレーシア工場からタイヤを輸出供給してきたが、新工場からの供給に切り替えることで、製品出荷時の関税面・物流面でのメリットを実現するとともに、グローバルでのタイヤ生産供給体制の増強とさらなる最適化を図っていく。

■新工場の概要
建設予定地:セルビア共和国ヴォイヴォディナ自治州インジア市
敷地面積:60万m2
着工:2020年5月
生産開始:2022年1月(予定)
生産能力:年産500万本(乗用車用タイヤ換算)
従業員数:500名
投資額:488億円(3億9050万ユ-ロ)
生産品目:乗用車用、ライトトラック用ラジアルタイヤ

■新会社の概要
所在地:セルビア共和国 ベオグラード市
事業内容:乗用車用、ライトトラック用ラジアルタイヤの製造・販売
出資比率:TOYO TIRE(100%)
設立:2019年9月(予定)
資本金:200億円(1億6000万ユーロ)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集