JPR/サプライチェーン事業者と「デジタルロジスティクス推進協議会」設立

2019年07月29日 

日本パレットレンタル(JPR)は7月29日、サプライチェーン事業者各社と「デジタルロジスティクス推進協議会」を設立した。

<デジタルロジスティクス推進協議会ビジョン>

デジタルロジスティクス推進協議会ビジョン

協議会では、サプライチェーンの全体最適を実現し、社会への貢献を目的として、物流情報のデジタル化・標準化そして企業間の共同利用に向けた検討を行う。事務局はJPRが運営する。

協議会の設立は、JPRが持つ年間4500万枚のパレット移動データの社会課題解決に向けた活用を目指すもの。サプライチェーン事業者各社と協力して「物流の全体最適を促し続ける『心臓』になる」ような活動が行えないかを模索した結果、多くの企業の賛同を得て協議会を設立することになった。

最新ニュース

物流用語集