トランコム/4~6月の売上高6.4%増、営業利益12.0%増

2019年07月29日 

トランコムが7月29日に発表した2020年3月期第1四半期決算によると、売上高392億4000万円(前年同期比6.4%増)、営業利益16億7800万円(12.0%増)、経常利益16億7100万円(11.9%増)、親会社に帰属する四半期純利益10億4100万円(7.5%増)となった。

ロジスティクスマネジメント事業の売上高は、新規業務や新規拠点の稼働に加え、既存顧客の物量増によって132億1300万円(7.1%増)。営業利益は、新規拠点の稼動に伴う初期費用の計上があったものの、前期稼働拠点での業務の安定化や生産性向上による収益性の改善、既存拠点での料金適正化などによって7億5400万円(5.8%増)となった。

物流情報サービス事業は成約件数の増加、運賃単価の上昇に加えて、自動車部品の幹線輸送が拡大したことで、売上高が221億2200万円(7.6%増)、営業利益が7億1900万円(3.1%増)となった。

通期は、売上高1588億5000万円(5.1%増)、営業利益72億7000万円(8.0%増)、経常利益72億円(8.2%増)、親会社に帰属する当期純利益47億5000万円(9.7%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集