ANAHD/LINEで注文・決済、ドローン宅配サービスで実証実験

2019年07月29日 

ANAホールディングスは7月29日、LINE Fukuoka、自律制御システム研究所(ACSL)、NTTドコモ、ウェザーニューズ(WNI)と共に、福岡市の協力の下、福岡市西区玄界島とざうお本店間、同玄界島と能古島キャンプ村間において、LINEで注文した海産物を、小型無人航空機(ドローン)を用いて輸送し、宅配サービス実現に向けた検証を実施すると発表した。

<使用するドローン>

使用するドローン

<全体ルート>

全体ルート

<LINEによる商品選択・決済のイメージ>

LINEによる商品選択・決済のイメージ

検証実施日は7月30日~8月2日。輸送物は玄界島より、玄界島産の海産物(アワビ、サザエ)を輸送する。飛行区間は福岡県福岡市西区玄界島ヘリポート~同西区小田 ざうお本店/同西区能古島キャンプ村横の砂浜としている。

各社の主な役割は、ANAHDが、ドローンの運航管理(本検証の代表事業者)、LINE Fukuokaが物流における注文・決済機能の提供、ACSLが機体の提供および運航サポート、NTTドコモがドローンの上空飛行に係るLTEネットワークの提供、およびdocomo sky(ドコモ スカイ)の運航支援基盤による上空の電波状況を考慮した運航計画の策定支援、WNIが気象情報サポートと有人航空機(ヘリコプター)監視のための飛行位置情報提供、福岡市が検証対象となる地域及び関係者との調整等を行う。

なお、今回の実証実験では、ドローン向けモバイル端末などを無人航空機に搭載した
実用化試験であり、試験に必要となる実用化試験局免許を取得している。

最新ニュース