国交省/マレーシア版グリーン物流パートナーシップ会議を初開催

2019年07月29日 

国土交通省は7月29日、マレーシアにおいて、日本のグリーン物流パートナーシップ会議をモデルとして、グリーン物流パートナーシップ会議が7月9日に開催し、同国でのグリーン物流促進が本格的に始動したと発表した。

<会場の様子>

会場の様子

国土交通省は、2017年よりASEAN各国の物流分野における温室効果ガス削減を実現するため、我が国が開催している「グリーン物流パートナーシップ会議」を ASEAN 各国へ導入するための支援を行ってきた。これを受け、マレーシア運輸省が、ASEAN 初のグリーン物流パートナーシップ会議を首都クアラルンプールで開催したもの。

第1回目となる本会議では、現地の物流事業者及び荷主企業に対して、グリーン物流促進の重要性について意識啓発を図ることを目的として、マレーシア及び我が国の専門家からグリーン物流促進の必要性について、我が国物流事業者及び荷主企業から具体的な取組事例と CO2削減やコスト削減等の取組効果等について紹介した。マレーシア運輸省大臣からは国土交通省及び発表者に対し感謝状が贈呈された。

また翌10日には、第15回日ASEAN物流専門家会合が開催され、マレーシアに続くグリーン物流パートナーシップ会議の開催国、コールドチェーン物流サービスの規格化、「日メコン物流訓練センター」を活用した物流人材育成について議論を行った。

コールドチェーン物流サービスの規格化では、国土交通省より「日ASEAN コールドチェーン物流ガイドライン」を基としたコールドチェーン物流サービス規格(JSA-S)の策定、小口保冷輸送サービスの ISO 化のスケジュール及びインドネシアにおけるこのISO規格の普及セミナー開催について発表した。

タイからは保冷輸送の品質に関する国家規格(Q Cold Chain)の策定について発表があった。日本の認証機関より物流サービスの規格化の必要性及び規格認証の効果についても発表された。

最新ニュース

物流用語集