三菱ふそう/新潟運輸に電気小型トラック「eCanter」2台を納車

2019年07月29日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は7月29日、新潟運輸へ電気小型トラック「eCanter」2台を納車したと発表した。

<新潟運輸納入車両 電気小型トラック「eCanter」>

新潟運輸納入車両 電気小型トラック「eCanter」

MFTBCは2017年に電気小型トラック「eCanter」を発表し、同年より関東・中部中心に国内の顧客に納車をしているが、新潟運輸への納車は北陸地方で初となる。

新潟運輸はこれまで、CO2(二酸化炭素)やNox(窒素酸化物)の排出量が少ないCNG(圧縮天然ガス)車やハイブリッド車を導入している。環境問題に向けて積極的な取り組みを行うなか、電動で駆動することで排出ガスが一切出ない電気トラックに注目し、「eCanter」を導入した。

「eCanter」は環境への配慮に加えて、従来のディーゼル車と比較してエンジン音が静かで振動が少ないため、ドライバーへの精神的・身体的な負担が軽減でき、労働環境のさらなる改善も期待される。

納車した2台の「eCanter」は、新潟市内および東京都内のルート配送にて利用される予定。MFTBCが販売を行い、アフターサービスについては東京都内で使用する車両は南関東・甲信ふそうが担当し、新潟市内の車両に関しては秋田・山形・新潟3県の特約販売会社の太平興業が行う。

また、太平興業は既にAC充電設備のある新潟支店にて、電気トラックの受け入れに備える。

最新ニュース