ヒガシ21/4~6月の売上高7.5%増、営業利益19.7%減

2019年07月26日 

ヒガシトゥエンティワンが7月26日に発表した2020年3月期第1四半期の業績は、売上高61億5500万円(7.5%増)、営業利益2億6400万円(19.7%減)、経常利益2億8100万円(17.2%減)、親会社株主に帰属する四半期当期利益1億7900万円(17.8%減)となった。

営業利益については、前期大口の得意先に対する貸倒引当金の戻入益が存在したことや当期において子会社の取引先が元号変更の関係で文書物流量を大幅に抑制したことが影響し、前年同期比減益となっている。

通期は、売上高240億円(2.1%増)、営業利益8億9600万円(1.3%増)、経常利益9億5000万円(2.7%増)、親会社株主に帰属する当期利益6億200万円(3.1%増)の見通し。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集