アサガミ/4~6月の売上高0.0%減、営業利益81.6%増

2019年07月26日 

アサガミが7月26日に発表した2020年3月期第1四半期決算によると、売上高93億7800万円(前年同期比0.0%減)、営業利益1億2000万円(81.6%増)、経常利益1億7100万円(96.1%増)、親会社株主に帰属する当期利益3700万円(前期は4400万円の当期損失)となった。

物流事業における新規荷主の獲得や、鋼材関連の輸送量増加および建設機械の国内向け輸送量増加等があるものの、印刷事業における婚礼印刷の受注件数減少等があり、減収だった。

自社が保有する機械装置及び運搬具の効率活用による外注費の軽減および退職給付制度移行に伴う退職給付費用の減少等により増益となった。

通期は、売上高457億5000万円(0.2%減)、営業利益15億6000万円(5.2%減)、経常利益15億7300万円(3.0%減)、親会社株主に帰属する当期利益8億4900万円(9.6%減)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集