SGエキスパート/働き方改革の一環「テレワーク・デイズ」に参加

2019年07月25日 

グループのシェアードサービスを行っているSGエキスパートは7月25日、「実施団体」として「テレワーク・デイズ」に参加することになったと発表した。

<「テレワーク・デイズ」告知>

「テレワーク・デイズ」告知

SGエキスパートは、2015年に育児休業者に限定した「在宅勤務」制度を創設したが、適用対象の従業員および勤務場所等が限られていたことから、利用が広がらないことが課題となっていた。

このたび、新たなテレワーク制度に改定し、より多様な働き方の提供、多発する自然災害時のBCP対策などに向けて、育児休業や介護に限定せずに全従業員を対象に、多様な場所(サテライトオフィス等)での勤務を可能にするなど利用促進を図る。

また、テレワークの利用促進に向けた環境づくりとして、テレワークの運用ルールや情報セキュリティに関する社内講習会の受講を義務付けるとともに、ICTツールの活用により高いセキュリティを担保し、社内PCにリモート接続するなど、安全かつ円滑な業務環境を構築している。

今回、テレワーク・デイズに参加するのを機に、従業員のテレワークを奨励するとともに、テレワークによる生産性やワークライフバランスの向上、多様な人材の活躍推進など、フレキシブルな働き方を推進していくとしている。

なお、テレワーク・デイズとは、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が東京都および関係団体等と連携し、東京2020(オリンピック・パラリンピック)を契機とした働き方改革の一環として実施している国民運動。

2019年は、東京2020を1年後に控えた本番テストとして、7月22日~9月6日を「テレワーク・デイズ」実施期間と設定し、テレワークの一斉実施が呼びかけられている。

また、シェアードサービスとは、グループ各事業会社が行っている総務・人事・経理などの間接業務を集約・標準化し、経営の効率化を図る事業。

最新ニュース