商船三井/シップ・オブ・ザ・イヤー2018で自動車運搬船が大賞

2019年07月24日 

商船三井は7月24日、次世代型自動車運搬船「FLEXIEシリーズ」の1番船「BELUGA ACE(ベルーガ・エース)」が、「シップ・オブ・ザ・イヤー2018大賞」を受賞したと発表した。

<「FLEXIEシリーズ」1番船 BELUGA ACE>

「FLEXIEシリーズ」1番船 BELUGA ACE

また、グループ会社であるフェリーさんふらわあが運航するフェリー「さんふらわあ さつま」と「さんふらわあ きりしま」の両船が「シップ・オブ・ザ・イヤー2018大型客船部門賞」をそれぞれ受賞し、グループ運航船としてダブル受賞となった。

「BELUGA ACE」は、従来の自動車船から進化させ、斬新な外観デザインと、高い積荷効率を達成する6層のリフタブルデッキの装備や船体構造の見直し、積極的な省エネ技術の採用など、新機軸を採用した次世代設計の点において高く評価された。「FLEXIEシリーズ」は昨年度「グッドデザイン賞2018」を受賞しており、今回の受賞によって業界初の「グッドデザイン賞」と「シップオブザイヤー」の二冠を果たした。

「BELUGA ACE」は昨年度の2万TEU型コンテナ船「MOL TRUTH」に続き商船三井では2年連続、6度目の大賞受賞になる。

なお、シップ・オブ・ザ・イヤーは技術的、芸術的、社会的に優れた船舶および海洋構造物の建造を促進するために1990年から日本船舶海洋工学会が授賞しているもので、今回で29回目になる。

■FLEXIEシリーズ概要
全長:199.9m
全幅:32.2m
積載可能台数:6800台 (基準小型車換算)

最新ニュース