NTTロジスコ/ZMP、NTT東日本とともに、物流支援ロボット活用の実証実験開始

2019年07月24日 

NTTロジスコは7月24日、ZMPと東日本電信電話(NTT東日本)とともに、物流現場での物流支援ロボットを活用した実証実験を開始したと発表した。

<実証実験イメージ>

実証実験イメージ

実証実験では、自動運転向けクラウドサービスであるROBO-HIを物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)と連携させ、Wi-Fi経由でCarriRoの運用状況の可視化を行うとともに、荷重計測のできるIoT重量計スマートマットを活用した物流倉庫内ネットワーク環境の提供、ソリューションの高機能化を図る。

これらの物流現場におけるソリューションの実用性および導入効果に関する検証を実施する。

実証実験の概要は、NTTロジスコの物流センター内でWi-Fi対応したCarriRoとスマートマットを使用し、廃ダンボールや空きかごの回収等の業務に活用する。ROBO-HIにてCarriRoの運用状況を確認し、効果の検証を行うと共に、IoTサービスを含むネットワーク環境や運用面での課題や必要となるサポートの検討を行う。

各社の役割および目的は、ZMPは、CarriRoのWi-Fi対応を実現するとともに、ROBO-HIとの連携を実現し、CarriRoのルート管理や稼動状況等のステータス管理ができる機能を提供する。CarriRoの情報をWi-Fi経由でROBO-HIに集約し一元的に管理することで、物流センター内におけるCarriRo活用の利便性向上につなげる。

NTT東日本は、スマートマットを活用したIoTサービスの検証を実施する。スマートマットを物流センター内の任意のエリアに敷設し、スマートマット上に集積された対象物の重量が一定の閾値を上回る、または下回ると、その情報がWi-Fi経由で指定の連絡先へ通知される。

その通知をトリガーに、CarriRoを発進させると自律走行により指定の場所へ対象物を搬送する。このソリューションの提供に必要となるネットワーク環境やサポートを今回の実証実験を通じて確認することで、ネットワーク環境の構築から運用まで含めたサポートの検討を行う。

NTTロジスコは、自社の業務効率化に向けて物流センター等の実証実験フィールド環境を提供する。CarriRoとスマートマットを組み合わせたソリューションに適合する自社センター内の業務選定、走行環境やネットワーク環境の構築、運用設計を実施し、実証実験で得られた結果について省人化効果とフィージビリティを検証する。また、物流センターオペレーションを担う視点での効果的な活用方法と適合する利用シーンを提案する。

この実証実験での成果を基に、3社は物流業界の課題解決手法として、物流支援ロボットやIoT機器の導入による業務自動化、それらに必要なネットワーク環境の構築支援等により、物流業界の効率化・省人化を実現するトータルソリューションの提供に向けた検討を進めていく。

将来的には、様々な自動搬送ロボットやIoT機器がROBO-HIを介して相互に接続し、IoT機器の発信する信号により自動搬送ロボットが自動走行を開始する業務の完全自動化等、物流業界の業務効率化・人手不足等の課題解決に貢献していくとしている。

関連キーワード:

最新ニュース