川崎汽船/自動車運搬船「第十とよた丸」が「ふね遺産」に認定

2019年07月23日 

川崎汽船は7月23日、所有していた「第十とよた丸」が日本船舶海洋工学会主催の「ふね遺産」に認定されたと発表した。

<第十とよた丸>

第十とよた丸

第十とよた丸は、1970年7月9日に川崎重工の神戸工場で竣工。日本初の外洋航行型自動車専用運搬船である点が評価され、遺産に認定された。

<荷役の様子>

第十とよた丸は、往航を自動車、復航には穀物などバルク貨物を積むカーバルカーが主流だった時代に、復航を空載とすることで復航貨物の荷待ちや天候によるスケジュールの遅延という課題を解消。

また、車の積込みや船内移動は全て自走方式で、荷役効率の向上と貨物ダメージの大幅な軽減によりサービス品質を飛躍的に改善するなど、その後の自動車船ビジネスモデルの原点となった。

<日本船舶海洋工学会の三島会長(右)、川崎汽船の中野執行役員(中央)、川崎汽船の辻グループ長(左)>

「ふね遺産」認定制度は、日本船舶海洋工学会が創立120周年を機に、歴史的で学術的・技術的にも価値のある船舟類とその関連設備を社会に周知し、文化的遺産として次世代に伝え、日本における今後の船舶海洋技術の幅広い裾野を形成する事を目指して、2017年から実施されている。今回、一般公募された案件の中からは、第十とよた丸を含め7件が認定を受けた。

最新ニュース

物流用語集