東京納品代行/銀座・表参道のルイ・ヴィトン店舗配送に電気トラック導入

2019年07月23日 

センコーグループの東京納品代行は7月23日、三菱ふそうトラック・バスの電気トラック「e-Canter」を導入し、環境に配慮した輸送を強化すると発表した。

<導入したe-Canterハンガー仕様車両>

e-Canter
e-Canter

ルイ・ヴィトン ジャパンが東京の銀座・表参道地区に出店している店舗への配送に、三菱ふそうトラック・バスと連携して開発した国内初のe-Canterハンガー仕様車両2台を導入し、7月23日から運用を開始した。

なお、同トラックの助手席にはCPRフィードバック機能搭載の最新型AED(自動体外式除細動器)を搭載し、社会と共存するトラック事業を目指す。

■電気トラック導入の概要
導入機種:e-Canter
導入日:7月23日
導入台数:2台
配送予定エリア:東京都中央区銀座地区、渋谷区表参道地区

最新ニュース