ヤマト運輸/不発弾撤去作業受け、都内東部の一部で配送遅延

2019年07月23日 

ヤマト運輸は7月23日、東京都江東区有明地区で7月28日に陸上自衛隊による不発弾撤去作業が行われることに伴い、都内東部の一部地域で配送に遅延が生じる可能性があると発表した。

不発弾撤去の立入禁止区域内には東京主管支店が立地しており、当日に仕分け作業が行えなくなるため、7月28日の終日にかけて東京都江東区、中央区、台東区、墨田区、葛飾区への配送遅延が見込まれる。同日は、東京主管支店に併設した受付カウンターの業務も休止する。

<有明一丁目不発弾処理に伴う交通規制>

有明一丁目不発弾処理

不発弾は、6月14日に有明一丁目の建設現場で発見。これに伴い、警視庁は周辺地域の一部道路で通行止めによる交通規制を実施する。

■配送遅延の可能性がある地域
対象地域:東京都江東区、中央区、台東区、墨田区、葛飾区
日時:7月28日(日)終日

■受付業務を休止する店舗
対象店舗:ヤマト運輸 東京主管支店 受付カウンター(東京都江東区有明1-6-26)
日時:7月28日(日)7:00~16:00(撤去状況により延長の場合あり)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集