商船三井/新造砕氷LNG船「NIKOLAY URVANTSEV」と命名

2019年07月19日 

商船三井は7月19日、中国遠洋海運集団(China COSCO Shipping社)との合弁会社で共同発注した砕氷LNG船を「NIKOLAY URVANTSEV(ニコライ・ウルバンツェフ)」と命名したと発表した。

<NIKOLAY URVANTSEV>

NIKOLAY URVANTSEV

船名は、ロシアの北極域探検家・地質学者に由来するもので、7月18日に韓国Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering(DSME)で命名式が行われた。

NIKOLAY URVANTSEVは、2018年にヤマルLNGプロジェクトのLNG輸送を開始した「VLADIMIR RUSANOV」と「VLADIMIR VIZE」の後続船で、商船三井が同プロジェクトに投入する砕氷LNG船の最終船。

2.1mの氷厚を砕く事ができる高い砕氷能力に加え、後進での航行も可能なダブルアクティングシステムや、設計温度-52℃の寒冷地仕様などの新たな技術チャレンジが凝縮されている。

7月に竣工し、ヤマルLNG出荷基地のあるロシア・ヤマル半島サベッタ港に向けてベーリング海峡を経由して北極海航路を単独航行した後、同プロジェクトに投入される。

■NIKOLAY URVANTSEVの要目
全長:299.0m
全幅:50.00m
満載喫水:12.00m(氷海航行時)
LNGタンク:メンブレン型
貨物タンク容量:17万2000m3
アイスクラス/仕様:ロシア船級ARC7/極寒地を対象とした特別仕様
砕氷航行能力:船首砕氷バウ構造、船尾3軸PODプロペラ
最大砕氷能力:氷厚2.1m(後進時)
建造造船所:DSME
船舶管理会社:MOL LNG Transport(Europe)
保有比率:商船三井50%、China COSCO Shipping社50%

最新ニュース

物流用語集