日通、UD、ホクレン/北海道でレベル4自動運転の共同実証実験

2019年07月19日 

UDトラックス、日本通運、ホクレン農業協同組合連合会は7月19日、北海道斜里郡斜里町にあるホクレンの中斜里製糖工場で、レベル4技術を用いたトラック自動運転の共同実証実験を行うと発表した。

<実証実験の舞台となるホクレンの中斜里製糖工場>

ホクレンの中斜里製糖工場

<実験で使用されるUDトラックスのレベル4自動運転トラック>

UDトラックスのレベル4自動運転トラック

実証実験は8月一杯をかけて実施。実験を通じて、社会実装に向けたユースケースや課題を抽出し、物流の効率化に向けた仕組みづくりを加速させることで、農産品の輸送力確保やトラックドライバー不足の解決を図る。

実験車両は、UDトラックスが大型トラック「クオン」をベースに開発したレベル4自動運転技術搭載の車両1台を使用。

ホクレンの集積施設と製糖工場を結ぶ「てん菜」の集荷運搬コースを想定した全長1.3kmの実験用ルートを、ドライバーが乗車した状態の自動運転で走行する。

日本通運は、輸送事業で培った知見をもとに、自動運転技術を使用した輸送業務の効率化についてアドバイスを行う。

また、今回の実証実験には、自動走行実証試験に最適なフィールドとして積極的に実験を誘致している北海道庁が全面協力し、実証試験の円滑化に向けた支援や情報提供などを行う。

関連キーワード:

最新ニュース