ロジランド/埼玉県加須市に3万m2の物流施設を開発

2019年07月22日 

ロジランドは7月22日、埼玉県加須市で延床面積約3万m2の大型物流施設「LOGILAND加須BASE」の開発を決定したと発表した。

<「LOGILAND加須BASE」外観完成イメージ>

「LOGILAND加須BASE」外観完成イメージ

<位置図 栗橋大利根バイパス道路計画図>

位置図 栗橋大利根バイパス道路計画図

2020年1月に着工予定、2021年1月に竣工予定。

「LOGILAND加須BASE」は、物流拠点としてのアクセスに優れており、東北本線「栗橋駅」より約3㎞、国道125号線から約500mとなる。

現在、加須ICから国道125号線まで栗橋大利根バイパスの開通工事を行っており、2020年3月開通予定となっている。開通後は、東北自動車道「加須IC」から約3.8km、片側2車線道路、所要時間約5分程度となり、更に物流拠点としてアクセスが良くなる見通しだ。「大利根豊野台テクノタウン」からも至近で、流通系企業やメーカー系物流企業などの倉庫・工場が集まり、先進的物流施設へのニーズが高いエリアだ。

また、「LOGILAND加須BASE」は、独自の物流施設データを活かしてシンプル、且つ使い易さを追求し、ベース機能に加え昇降設備やバースの広さ、事務所の適正規模についても配慮している。倉庫運営者に寄り添った「適正賃料」と「利用し易い施設」の提供を目指して、テナント側の目線にあった施設創りを行なっている。

「LOGILAND加須BASE」は、「LOGILAND春日部BASEⅠ」「LOGILAND春日部BASEⅡ」に続き埼玉県内で開発する3件目の物流施設となり、ロジランドにおける第一号竣工物件となる見通しで、ロジランドのコンセプトである、「新たなる物流価値の創造」を目指し、引き続き物流施設の展開を、東名阪を中心に中規模の開発を年間200億円程度手掛けていきたい考えだ。

■物件概要
所在地:埼玉県加須市間口2000
竣工予定:2021年1月頃
アクセス:東北本線「栗橋駅」約3㎞
敷地面積:約4900坪(1万6170m2)
床延面積:約9094坪(3万10m2)
構造:鉄骨造
階高:地上3階建
設計:浅井謙建築研究所(予定)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集