狭山市/埼玉県の狭山工業団地内に10.36万m2の物流施設を開発

2019年07月19日 

狭山市は7月19日、東急不動産が埼玉県狭山市の狭山工業団地内において、物流施設「(仮称)LOGI‘Q狭山」を開発すると発表した。

<イメージパース>

イメージパース

圏央道狭山日高ICから至近に位置し、各階接車が可能なダブルランプウェイ型を予定している。

東急不動産の物流ブランド「LOGI’Q」のフラッグシップ施設として、最新鋭の設備を検討するとともに、働く人々にとって居心地がよく働きやすい環境を目指すとしている。

なお、狭山工業団地拡張地区は、埼玉県の「田園都市産業ゾーン基本方針」に基づく田園環境に調和した良好な産業地を創設する方針を掲げ、その適地として、現在の狭山工業団地を東西に拡張する2地区(上広瀬西久保地区・柏原鳥之上地区)を選定し、新たな工業・流通の拠点の形成を進めているもの。

これまでに、2019年1月29日付けでこの地区に係る都市計画の変更が完了し、また、同日付けで地区内の土地の権利者で組織する土地区画整理組合の設立が認可されたことから、現在は、組合を施行者とした土地区画整理事業による産業基盤整備工事が進められている。

<広域図>

広域図

<詳細図>

詳細図

■概要
所在地:埼玉県狭山市上広瀬西久保 土地区画整理事業地内
用途地域:工業地域
用途:倉庫業を営む倉庫
敷地面積:1万5800坪(約5万2140m2)
貸床面積:未定
その他(予定):ダブルランプウェイ型 各階接車バース
立地
周辺道路
圏央道「狭山日高IC」約0.3km
関越道「川越IC」約8km
国道16号線から約3km
国道407号から約0.2km

西武新宿線「狭山市」駅3.7km
西武池袋線「入間市」駅3.9km

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集