日立物流/英国高速鉄道車両を日中に陸送、3.5万人が見学

2019年07月18日 

日立物流は7月18日、山口県下松市制施行80周年記念事業として7月14日に行われた「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」に協力したと発表した。

<日立製作所の笠戸事業所を出発した高速鉄道車両>

日立製作所の笠戸事業所を出発した英国高速鉄道車両

<輸送を見物に3万5000人が集まった>

輸送を見物に3万5000人が集まった

このプロジェクトは、通常夜間に行われている英国都市間高速鉄道計画(Intercity Express Programme)向け車両の陸上輸送を日中に実施し、鉄道産業のまち「くだまつ」の魅力をPRするもので、2017年に続き今年で2度目の開催となった。

当日は、日立製作所の笠戸事業所から徳山下松港下松第二埠頭まで片道2kmの道のりを、前回よりも1両多い2両を陸送した。

沿道には、雨天にもかかわらず、3万5000人もの見学者が集まり、間近で見る車両の迫力に驚きの声が上がったほか、車両を背景にした記念写真や動画を撮影する姿が見られた。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集