日通/福岡空港至近に1万m2の高品質物流センター竣工

2019年07月18日 

日本通運は7月18日、福岡市博多区に「福岡中央ロジスティクスセンター」を建設し、7月8日に竣工させたと発表した。

<福岡中央ロジスティクスセンター>

福岡中央ロジスティクスセンター

新拠点は、国道3号線と隣接、福岡都市高速半道橋ランプにも近く、福岡空港から500m圏内という航空貨物輸送や九州域内輸送に適した立地。

倉庫は面積9800m2の地上4階建てで、1階部分を保税蔵置場のほか一部を低温倉庫として運用。2階以上では、医療用フィルタをはじめ精密機器などの保管・輸配送業務に対応する。

医薬品の適正な流通基準におけるGDPに準拠した空調設備・防塵塗装に加え、非常用発電機も設置しており、稼働によって年々高まる荷主の輸送品質に対するニーズに応える。

■福岡中央ロジスティクスセンターの概要
所在地:福岡市博多区榎田2-9-48
敷地面積:1万359.06m2
倉庫面積:9792.50m2(庇700m2を含む)
事務所面積:1350.00m2
構造:鉄骨造4階建
竣工日:7月8日

最新ニュース