商船三井/運航LNG船がフィリピン沖で漂流者を救助

2019年07月17日 

商船三井は7月17日、運航するLNG船「エネルギーアドバンス」がフィリピン・ルソン島沖970kmの海上で、7月1日に漂流者1名を救助したと発表した。

<救助位置と遭難船>

7月1日6時21分、日本・扇島港から豪州・ダンピア港へ向けて航行中だったLNG船が、グアム救助調整センターからの救難依頼を受信して遭難現場へ急行。同日11時10分頃、遭難していたヨット「SHUTEN DOHJI II」から1名を無事救助した。

■エネルギーアドバンスの概要
全長:289.53m
総トン数:11万9233トン
乗組員:31名(日本人・インドネシア人)
船籍:日本

最新ニュース

物流用語集