鈴江コーポレーション/バングラデシュのコンテナ船社と合弁会社設立

2019年07月17日 

鈴江コーポレーションは7月17日、バングラデシュでコンテナ船運航事業などを展開するHRCグループの持株会社「HRC Bangladesh Limited」と、現地合弁会社設立で基本合意し、7月14日付で合弁事業協定書を締結したと発表した。

<調印式典>

<HRCのコンテナ船>

HRCグループは、バングラデシュの首都ダッカに本社を置き、海運・物流関連業と、紅茶輸出業の2つの事業を中心に発足した企業。今日では物流・フォワーディング、商業銀行、不動産、紅茶やLED照明などの小売流通、メディアなど、30社程度の関連会社を傘下におさめる複合企業(コングロマリット)となっている。

バングラデシュは、インドと東南アジアに挟まれた地理的強みを有している。HRCグループとの連携によって、同国全域であらゆる物流需要に応える体制を構築し、従来からの極東地域、東南アジア、インド、中東・アラブ諸国、欧州への物流ネットワーク・サービスのさらなる拡充を図る。

鈴江コーポレーションの海外進出は21か国目。今後は速やかな合弁会社の設立に向け、手続きに着手していく予定だ。

■合弁会社の概要
会社名:HRC-Suzue Logistics(BD)Limited
所在地:バングラデシュ ダッカ
出資比率:鈴江コーポレーション40%、HRC Bangladesh Limited 60%

最新ニュース