日本郵船/国際海運経済学会でドライバルク市況分析の新手法発表

2019年07月16日 

日本郵船は7月16日、変動するドライバルク市況に柔軟に対応するための新たな分析手法についての発表を、 6月25日から5日間アテネで開催された「国際海運経済学会(IAME)大会」で行ったと発表した。

<調査グループ バルク・エネルギー調査チームの林チーム長による講演>

学会では、日本郵船がパナマックスバルカー市況分析で需給変動とは独立した周期で市況が変動することに着目し、従来より高い精度で市況の転換点を予測できる新しい分析手法を営業判断の支援ツールとして活用していることについて、調査グループ バルク・エネルギー調査チームの林光一郎チーム長が発表した。

国際海運経済学会は海運や港湾に関する代表的な国際学会。研究者に加えて実務家や行政担当者など産学官の専門家が参加しており、今回は50以上の国・地域から300人以上の参加者が集まった。

最新ニュース

物流用語集