日本無線/陸上で管理対象船の情報共有するスマホアプリ開発

2019年07月16日 

日本無線は7月16日、同社製運航支援装置「J-Marine NeCST」と連携するスマートデバイス向けアプリケーション「Smart Ship Viewer Mobile(SSV Mobile)」を開発し、6月からダウンロードを開始したと発表した。

<Smart Ship Viewer Mobile>

Smart Ship Viewer Mobile

このアプリケーションは、陸上側の管理会社や船会社の担当者が、いつでもどこでも容易に本船からの緊急情報を入手・共有し、迅速な対応を可能にするもの。

管理している船舶の一覧を表示し、船名やデータの最終受信時刻、緯度・経度、Emergency発生有無、搭載された日本無線製舶用機器の状態を把握する機能のほか、本船に搭載されるJ-Marine NeCSTのEmergency機能と連携したEmergency通知やチャット機能を有している。

今後は、緊急時以外の本船との連絡機能や、CCTVと連携した本船動画(ストリーミング)表示機能といった、船陸間通信での陸側のターミナルアプリとして機能を充実・拡張していく方針。

最新ニュース

物流用語集