JR貨物/着発線荷役の設備を有する「横浜羽沢駅」開業

2019年07月16日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は7月16日、相鉄・JR直通線の開業に合わせて、横浜市神奈川区羽沢町の横浜羽沢駅の改良工事を行ってきたが、11月30日をもって、全国で30番目の着発線荷役(E&S方式)の設備を有する駅に生まれ変わると発表した。

<位置図>

位置図

E&S方式となることにより、リードタイムの短縮や輸送需要ヘの柔軟な対応が可能となるため、鉄道貨物輸送の大動脈である東海道線上にある同駅が利用しやすくなる。

なお、E&S 方式とは、コンテナを本線上の列車から積卸しすることを「E&S 方式(着発線荷役)」という。これは着発線上に荷役ホームがあり、列車が駅に到着した直後に荷役作業を開始し、そのまま発車できるもの。現在、この方式の駅は全国に29駅あり、駅構内での複雑な入換作業がないため、大幅なリードタイム短縮と省力化、輸送需要への柔軟な対応が可能となる。JR貨物は今後も積極的に同方式駅を導入していくとしている。

■概要
E&S方式開業日:11月30日
所在:横浜市神奈川区羽沢町83‐1(東海道貨物線に所在、相鉄・JR直通線開業に伴い新設される「羽沢横浜国大」駅に隣接)
総面積:約15万m2(うち、開業後のコンテナホーム約 2.8 万m2)
主な設備:コンテナホーム・荷役線1面2線52両対応(うち1線は着発線荷役。従来は通常荷役線2面3線37両対応)
列車本数:10 本/日(現行:上り 4本、下り5本、下りから上りの折返し1本)
取扱量:約34.8万トン/年間(2018年度実績)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集