スクロール360/通販事業者向けに分散出荷サービス提供

2019年07月11日 

スクロール360は7月11日、通販事業者の物流コスト削減に向けて「分散出荷サービス」の提供を開始した。

<サービス概要>

分散出荷サービス

このサービスでは、通販事業者の既存の物流センターと、スクロールの物流センター(関東、中部、関西、北海道)に物流拠点を分散。

配送先に近い拠点から商品を発送することで配送距離を短縮し、配送コストの削減や、配送にかかる日数の短縮を実現する。

スクロールの物流センターと、ブレインウェーブ社の分散プラットフォーム(複数の拠点に出荷指示を出すことができる機能)が連携することで、分散出荷に必要なシステム投資を行うことなく、通販事業者が既存の物流センターを生かしたまま導入することが可能。

既存物流センターを活用しながら配送コストを削減したい事業者や、商品配達日数を短縮したい事業者、リピート(定期購入)商品を扱う事業者、月間5000件以上の物量がある事業者にサービスを提案していく。

最新ニュース