商船三井など/自動離着桟の実証実験を実施

2019年07月11日 

商船三井、三井E&S造船、東京海洋大学、三井造船昭島研究所は7月11日、4者共同による自動離着桟の実証実験を、2018年12月~2019年2月にかけて実施したと発表した。

<自動離着桟のシミュレーションと実証実験>

この実験は、4者が共同提案し、国土交通省の「平成30年度自動運航船実証事業」に採択された「船舶の自動離着桟の安全性に係る実証事業プロジェクト」として行ったもの。

東京海洋大学の汐路丸を用いて、海上に設置された仮想桟橋に計54回の自動着桟を行い、データを取得した。

実証実験に際しては、安全のため実施前に操船計画・実施要領・中止基準などを策定し、シミュレーション環境などを用いてさまざまな事象下での安全性の評価を十分に行った。

2019年度は、大型内航フェリーでの実証実験を予定。今回の実験解析結果を生かし、岸壁に船体を寄せる際のコースの取り方や、船員が危険を感じない操船制御、大型フェリーの操縦性能を考慮した適切な操船制御の実現を目指す。

また、自動離着桟の操船制御中に生じる機器の故障や、周囲の環境条件の急激な変化などに対して、自動離着桟の継続か中断の判断を行うための明確な基準と、中断の際に船員に操船を引き継ぐ際の明確な対応指針を設定する。

最新ニュース