国交省/ベトナムの総合物流会社運営事業へのJOIN出資を認可

2019年07月09日 

国土交通省は7月9日、国土交通大臣が、2019年5月29日、海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)による、ベトナムでの総合物流会社運営事業への出資(約22億円)について認可し、7月8日、JOINが出資する現地法人による事業会社の株式取得がしたと発表した。

これにより、住友商事及び鈴与は、JOINの支援を受け、ベトナムでの港湾・物流事業に参画する。

この事業は、総合商社である住友商事、総合物流事業者である鈴与及びJOINが出資する現地法人を通じ、ベトナムの港湾・物流事業において民間最大手のGemadept Corporation(GMD)の株式10%を取得し、同社の運営に参画するもの。

JOINには、現地政府等との対話を通じ、本邦企業の事業参画を円滑にすることが期待されている。

JOINの出資支援を通じ、両社が現地で既に実施している物流事業と、今回運営に参画するGMDの港湾・物流事業との連携により、同国内で総合的な物流網を確保し、同国に進出する本邦企業等に対し、質の高い物流を提供する。

■事業の概要》
参画企業:住友商事、鈴与及びJOIN
JOIN出資額:約22億円
事業内容
 民間最大手のGMD社の株式取得を通じた港湾・物流事業へ参画
 (1) ベトナム国内7港における港湾運営事業
 (2) 物流事業(陸運、内航海運、倉庫、代理店等)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集