NEC/AIを活用、需給最適化プラットフォーム Webサービス版提供

2019年07月08日 

NECは7月8日、物流・製造・卸・販売といったバリューチェーンの需要と供給を最適化する「需給最適化プラットフォーム」のサービスを拡充し、Webブラウザから手軽に利用可能な「需給最適化プラットフォーム Webサービス版」を「Amazon SaaSストア」にて提供開始した。

<「多目的予測分析」画面イメージ>

「多目的予測分析」画面イメージ

様々な業種における需要予測ニーズの高まりに答えるため、NECは、Webブラウザからより手軽に高精度な需要予測を利用できる「需給最適化プラットフォーム Webサービス版」を提供するもの。

このサービスは「定型予測(客数予測分析)」と「非定型予測(多目的予測分析)」の2つのメニューから構成される。「客数予測分析」はNEC独自の分析モデル設計を用いることで、顧客はデータを入力するだけで来客数の予測を簡単に行うことができる。一方、「多目的予測分析」は顧客自身が分析モデルを設計し、販売数や出荷数など独自の予測を可能とする。

これら2つのサービスは、提供中の「需給最適化プラットフォーム」同様、顧客が持つ販売実績等の様々なデータに加えて、NECから提供する気象情報などのコーザルデータ(天候や気温、曜日、イベントなど販売に影響を与える外部要因データ)を組み合わせて利用することができる。

また、予測に影響を与える要因分析も行うことができるため、業務分析への活用も可能だ。

サービスメニューの提供価格は、客数予測分析が4万9800円/月~、多目的予測分析が9万9800円/月~となっている。

今後「異種混合学習技術」に加え、「NEC the WISE」の1つである「RAPID機械学習」(ディープラーニング技術を搭載し、事前に手本となるデータを読み込むことで傾向を自動で学習)など、様々な先進AI技術を活用することで、顧客のニーズに合わせたメニューの強化を継続的に進めていく。また利用可能なコーザルデータの拡充も順次行い、更なる精度の向上に向けて取り組ろとしている。

最新ニュース