国交省/自動車運送事業者での心臓疾患・大血管疾患対策でガイドライン

2019年07月05日 

国土交通省は7月5日、自動車運送事業者での運転者の心臓健診受診等を促進し、健康起因事故の防止を図るため、心臓疾患対策を進めていくために知っておくべき内容や取り組む際の手順等を具体的に示した「自動車運送事業者における心臓疾患・大血管疾患対策ガイドライン」を策定したと発表した。

<「自動車運送事業者における心臓疾患・大血管疾患対策ガイドライン」>

「自動車運送事業者における心臓疾患・大血管疾患対策ガイドライン」

産官学の幅広い関係者からなる「健康起因事故対策協議会」での議論を受けて、心臓疾患・大血管疾患が原因となる事故を防ぐために自動車運送事業者が知っておくべき内容や取り組む際の手順等を具体的に示した「自動車運送事業者における心臓疾患・大血管疾患対策ガイドライン」を策定したもの。

ガイドラインは、「心臓疾患、大血管疾患と交通事故」「運転者の健康状態の把握」「精密検査及び治療」「専門医の受診の結果を踏まえた対応」「生活習慣の改善の促進
」の5章仕立て。全38ページの構成となっている。

■ガイドライン
http://www.mlit.go.jp/common/001298073.pdf

最新ニュース