日本郵船/安全推進活動のコンペティションを開催

2019年07月04日 

日本郵船は7月2日、安全キャンペーン「Remember Naka-no-Se」の一環でコンペティションを実施し、優れた安全推進活動を行った太平洋汽船、WILHELMSEN SHIP MANAGEMENT SDN. BHD.、NYK LNG SHIPMANAGEMENT LTD.の3社を表彰した。

<集合写真>

コンペティションには、国内外の船主・船舶管理会社20社がエントリー。最終選考に残った9社が活動報告を行い、船主・船舶管理会社と日本郵船の役員・社員による投票で最優秀会社3社を選定した。

表彰式では、日本郵船の長澤社長が3社を表彰。挨拶では、持続可能な成長のために相互のパートナーシップが重要だと強調した。

このコンペは、各社の安全活動を広く関係者間で共有する目的で、「乗組員一人ひとりの危機察知能力・当事者意識の向上」をテーマに2017年から毎年実施されている。

最新ニュース

物流用語集